父が小さい頃、冬になると父親(祖父)がよく釣って帰り、

父が小さい頃、冬になると父親(祖父)がよく釣って帰り、
鍋にぶち込んで食べたという魚・カジカをネット通販で見つけて、
父は懐かしさの余り思わず注文してしまったとか・・・
(年を取ると子供の頃の味?が懐かしくなるらしい)
早速夕飯にトゲカジカを鍋にして味噌味で食した。
骨が少し多かったけれど、味がとてもサッパリしていて適度な歯ごたえがあり、
トゲカジカの卵と臓物でコクが出て美味しかった!!
煮るまでは卵はコンクリートのような錆びた色、臓物は・・・
鍋の中に入れるのに少し抵抗があった・・・ (知らなければきっと捨ててしまったでしょう。)
しかし食べてみると、卵はプチプチ・臓物はコリコリ(イヤーッ、これもまた美味しい!)
魚って見かけによらないものです。(グロテスクな魚の部類に入ります)
最後に生卵を入れ雑炊にして食べた。これも旨!
飽きることなくついつい箸が出てしまう。別名「鍋こわし」に納得!
今日一日が幸せ、体も心もホッカホッカ・・・
父も子供の頃を少し思い出したのでしょうか?
何処かで見かけたら皆様も是非食べてみて下さい。(間違いナイ!)


Comments are closed.