東京都美術館へ受付係に行ってきた。

東京都美術館へ受付係に行ってきた。
開館10分前に集合、とても寒く息が白かった・・・
事務室でネームプレートと750円分(半端な金額)の食券を手渡され、
指定された場所に移動、私は洋画コースの監視係だったので良かった・・・
というのも前にいた他大学の女学生は外に展示されている彫刻コースの監視係・・・
可愛そうでした・・・ その女学生は悲鳴を上げていた・・・
やがて開館と同時にチラホラとお客様が観に来られた。
一人の中年女性に声をかけられ、絵について色々と質問をされた。
その方には今年受験の娘さんがいるそうです(大変ですね)
工芸科の高校に通っており、これから油彩画を勉強するそうです。
それぞれの美大学の環境・交通の便・作品・就職先等・・・(とても熱心でした。)
その女性に私の作品は日本画らしく印象に残っているとお褒めの言葉を頂き
とても嬉しく、とても良い方?でした・・・
午後になると観覧者がゾロゾロと賑やかになった。
監視をしていた私は話しかけられ易いのか?色々な方と話をし、大変勉強になりました。
4時間の監視係を終了後、頂いた食券で友人Iちゃん、Kちゃん3人で都美館の食堂でランチタイム・・・
疲れたけれども、皆の作品を多くの方々に観て頂けたので嬉しかったです。
作品を出品する意味もこういうところにあるのかな? 励みになります。
帰りに喫茶店へ行った。甘い物に気持ちがほんのり・・・ 和みます・・・
皆も疲れたのか、そのままショッピングもせずに即帰宅・・・
お疲れ様でした。


Comments are closed.