今日は祖母がディーサービスの日。

今日は祖母がディーサービスの日。
お彼岸も近いので母と一緒に祖父のお墓参りへ。

祖父は甘い和菓子が大好きだったので、地元の駅で桜餅を買って行きました。
小平駅の改札口近くに文明堂が・・・(あら?こちらの方が美味しそう??)

駅から徒歩15分程の距離にある霊園で、桜並木の下を歩いていきます。
霊園というよりもお洒落な庭園という雰囲気です。
お供え用のお花、線香は勿論、雑巾・ブラシなどの道具?も用意されているので、
何も持たずに手ぶらで?お参りできます。

平日だったせいかお参りする方はチラホラ。
墓石を洗いながら亡くなった旦那さんに語りかけている女性、色々と話すことがあるのですね・・・
お墓の前でじっと立っている年配の男性、最愛の奥様を亡くされたのでしょうか・・・

祖父の墓参りを終えた所で、2階の休憩室でお茶をする事に。

「お飲み物は何になさいますか?」
コーヒーを二つオーダーをしました。
すると、母が思い立った様に、
「すみませ~ん!アメリカンにして頂けるかしら?」
店員さんはニコニコしながら、
「はい。」

休憩室の窓からでも霊園を見渡せるのです。
良く管理されている霊園で、いつも花が綺麗に咲き心が和みます。
今はパンジーが咲いていますが、バラの花の頃それは見事です。
祖父も花が好きだったのできっと喜んでいる事でしょう。
良い眺めです。

「コーヒー遅いわね~。」
厨房で豆を挽く音がしています。
暫くしてから
「大変お待たせしました。」

美味しい入れたてコーヒーを飲み終えて
「どうもご馳走様でした。」
母がレジで会計を済ませようとした所、
「今日はお彼岸でお飲み物はサービスなので・・・」
「え?」(母娘)
「あら~、そうなのですか?すみません。勝手なを注文をしてしまって・・・」
「オホホホホ・・・」と言いながらその場を去りました。
知らなかったです・・・ (恥ずかしい)

ロビーの外に出た時、偶然にも、祖父に似たお爺さんが遠くに立っていたのです。
帽子を被って、背筋をピンと伸ばしていて、杖をつき、お洒落なスーツ姿。
ドッキリとしました。
「お爺ちゃん!?」思わず声が出そうになりました。
本当にソックリだったものですから・・・
母も驚いたそうです。

ディーサービスから帰宅をした祖母にその事を話しました。
「きっとお爺ちゃんがお礼を言いに来てくれたのよ。」
いえいえ、その男性はちゃんと生きていましたから。お婆ちゃん。
本当は祖母も一緒にお参り出来たら祖父は喜ぶのですが・・・
何しろ行きたがらないです・・・

桜が満開になったら、また会いに行きます。お爺ちゃん。


Comments are closed.