ーハワイ旅行 No.4ー

ーハワイ旅行 No.4ー

今日はホノルル動物園、夕方はディナー付きマジックショーへ

パンフレットに”動物に触れ合えるコーナーもあるよ”と・・・ そして動物園の隣には水族館
J社のスタッフ曰く「こっちのは日本と比較をすると小さいし、狭いわよ~?
動物好きであれば、まぁ、動物園の方が楽しいのかしらね?」とどうやらそんなにはお勧めではない様子。
(ハワイまで来て動物園はないだろうって思っている?)
それでもやはり!! 「・・・」

ホテルからバスで15分程の距離。
バスから降りると目の前には砂浜と青々とした美しい海!
「おぉ~!綺麗だな~!!」 動物園が目的なのに海の方に惹かれている二人・・・
ザザザ~ンン~・・・ そして暫く海を眺めている・・・。
いかん、いかん! 動物園にレッツゴ~!!

まず初めに鳥コーナー
珍しい鳥達ばかりで撮影したいのですが、鳥の皆様、檻の奥か木陰でヒッソリお昼寝中・・・
檻が邪魔、しかも木々と同化して探すのに一苦労。
道端にはダチョウがテクテクと歩いています。こちらの事は眼中に無く シ・カ・ト。(こら!こっち向け!)

園内でランチタイム
そこではマダムの様な美しい羽の孔雀が二羽放し飼い。(俺達はマダムじゃないぞ!)
『餌を与えないで下さい』の注意書きはありません。
その二羽はウロウロとあっち・こっちのテーブルを廻っています。
餌をくれそうな所には首を長くして、ご飯があるかチェック。
『どう?綺麗だと思わない?その餌下さる?』とばかりに
羽を広げておねだり。
くれそうも無い所には素通りでぷいっと シ・カ・ト。
私達の所ではテーブルの上のピッツアを見て
『何よ?これだけなの?フン。しけた客ね』
と当然のように去られてしまいました・・・。
目ざとくお子様連れの家族の所を見つけてはささっと行き、
首を長くして子供におねだりをしています。
ちゃっかりした孔雀達です。
いよいよお目当ての猛獣コーナーへ!
まずはライオンでしょう! カメラを構えてどれだけ迫力があるのか!?(ワクワク)
と思いきや、グオ~・スカピ~・・・そっぽを向いてお昼寝中。
しかも丘の上でお尻しか見えない・・・ 起きる気配全く無し・・・
お~い!起きて!念じてみたけれど無理。お尻しか撮影が出来ず・・・(迫力ある顔を見たかったのに~)
暑さのせいか、他の動物達も皆お昼寝中。 これでは多摩動物園と変わらないです・・・。

唯一、迫力があったのがトラのみ。
「ガルルル・・・」マイクを通してうなり声が響いていました。
餌を待っているのか、ノシノシと右・左と行き来し、
こちらには向かってきません。
三匹のトラの写真があって、名前・年齢・性別等が紹介してあります。
実物とは違い、ニコニコ笑顔?で可愛く撮れています。
でも実際は二匹しか??
「一匹はきっと老衰で死んじゃったんだよ」と旦那さん。
「けっこうな年齢ですよね。可愛そうに・・・」と私。
と・こ・ろ・が!草陰に一匹だけボヤ~ッといるではありませんか!
「・・・生きていたんだね?」
『わしはまだ元気じゃ~ 勝手に成仏させるな!』
かなりの高齢だったので、つい・・・

動物の触れ合いコーナーはありましたが、お子様向けでした。可愛かったけれども、子供と一緒には・・・
そういえば、肝心のゾウを見かけませんでした。てっきりゾウの鼻に触れ合えるのかしら?と・・・ そんな訳ないか・・・

この後はマッジクショーの予定、そろそろ帰る時間です。
30分後にバスが来て、丁度ダイアモンドヘッド経由でした。
日本の新婚さんがこれから行くようで、
ダイアモンドヘッド入り口で降りて行きました。
あら?? ここでで降車できるのは確か午前まででは??
途中、対向車線のバスと遭遇。
バス仲間の女性運転手さん同士でAHAHA~!と会話
「○×△~!?」
「○×△~!!」と笑いながら去っていきました。
『もう降ろしてしまったし、別に平気よ~!』といった会話でしょうか??
こちらのバスの運転手さん達は皆KONISHIKI” の女性版?
間違えても、体格同様、大らかで朗らかです。
おまけに仕事中にもかかわらず、
「此処、眺めが良いから写真撮影に良いわよ~?」
とカタコト日本語でお勧め。
バスの時間は大丈夫?とこちらが心配
日本人客しかいないからか大サービスなのでしょうね。
そのお言葉に私達も甘えました。
ダイアモンドヘッド綺麗だな~と眺めながら記念写真を撮り、ホテルに戻ったのでした。

マッジクショーはマジックです??
ディナーが魚料理でホッカホカで意外と美味しかった!
ハワイに来て初めて美味しい物を食べたという感じです。
それまでの料理が決して不味かった訳ではありません。念のため・・・

ショー終了後ホテルに戻ってから、旦那さんが帽子を忘れた事に気が付きました。
翌日取りに行きましたが、もう・・・
「あ~ぁ、買いなおしか・・・ 気に入っていたのにな」と落ち込む旦那さんでした。


Comments are closed.