Category Archives: 徒然日記

逞しく成長をしていました。

そういえばハバネロは如何したのかしら??

 

暑さを好むので、日当たりの良い出窓に置き、

 

水をあげすぎると根腐れをするので、土が乾燥していたら水遣りをする程度。

 

枯れていたら「さよなら~」と言って処分をするのですが、

 

 

何と葉っぱが逞しく成長をしていました!!

 

 

 

 

 

 

「わぁ~、早く実らないかな??パスタに入れると美味しいんだよ!!」

旦那さんはパスタ好きで休日には必ずニンニク増し、

 

唐辛子増しを自分流に作り、

 

二人前分をペロリと平らげてしまいます!!

(朝昼兼用でございます)

 

まさかハバネロの葉っぱがここまで立派に成長をするとは・・・

「やっぱりハバネロは良いよね、夏になったらまた購入をしようかな~。」

 

あの~、育てるのは私なのですが??

 

 

いずれにせよ、元気に実れ!ハバネロ!!


新年明けましておめでとうございます!

早いもので、2012年突入。

年末は兄がいつもより早めに富山から帰省しました。相変らずのマイペースで安心し、勿論いつものようにお土産持参。(帰省する度にどうも有難うございます!)
帰省すると兄は「東京に行って来る」と言って??池袋に行き、ゲームセンターのUFOキャッチャーで景品を取って来てくれるのです。去年は大きなりラックマ。寝室に飾ってあります。可愛いですよ。
今回はリラックマのクッション二個、デカあひる二個もです。(凄い!!)

現在、居間のクッションに使っていますが、てとても寝心地が・・・。
(お兄ちゃん、どうも有難うございます!!)

毎年元旦に近くの神社へ家族皆で初詣、そこで記念写真を撮るのが恒例です。神社の焚き火に当たりながらフィ~・・・とポカポカ温かい甘酒を頂きます。正月気分全開。破魔矢を購入し、今年は良い年になりそうです。

二日は旦那さんの御実家へ新年の御挨拶へ。
義長姉さんは遠方で、旦那さんの仕事も忙しく会えず、
でも義次姉さん夫婦には久し振りに会う事が出来ました。

相変らず明るく楽しい夫婦です。
父の自慢?の手作り漬物を持参すると、御両親は『待っていました!』と楽しみにしていて、旦那さんのご実家では大好評みたいです。
父は評判に気をよくして、新たに漬物作りに益々拍車がかかります。

知り合いや近所の方々にも配るので、暮は漬物造りで多忙な父でした。

三日は家族で野菜たっぷりの『カジカ鍋』毎年父がお正月用に北海道のネットでカジカを注文。この鍋も恒例行事?になりつつあります。

鍋が出来るまで、父と旦那さんは初の将棋対戦!!
旦那さんは毎週日曜に放送されている将棋番組を録画する程大好きなのです。
父も将棋好き。最近は碁ばかりで、暫くやっていなかったのですが、家の押入れに眠っていた将棋盤を実家へ持参。
「勝負しよう!」(久し振りに父はメラメラ!!)お互いにお酒を飲みながらの真剣勝負!!夕飯後もお互いに燃えていました。
結果は?ほぼ互角とか(お互いに遠慮しているのか??)

日にちが経つのは早いもので、兄はもう富山に帰ってしまいました。

明日から旦那さんも平常通りの出勤でございます。
お仕事モードにスイッチを切り替える為、喫茶店に行きました。
家にいるとだらけてしまうそうで、真面目な?旦那さんです。

私も明日から本格的な家事です。(ハァ~・・・)

今年もどうぞ宜しくお願い致します!!


年末中山競馬場

年末に中山競馬場へ旦那さんのストレス発散?の為に行きました。

『有馬記念』です!

現地に到着をするまで電車の中で勝ち馬を予測しようと、ハリキッて競馬新聞を購入。
電車の中は新聞と睨めっこをしている男性だらけ・・・。

到着した中山競馬場はとても広々~としています。

以前、東京競馬場にも行きましたが、競馬場が意外と綺麗な事には驚きました!
グランドには花がズラ~ッと咲いており、観客席も多く、地べたに座る人は居ません。
隣には公園があり、家族連れやカップル以外に女性グループも多かったです。

比べて中山競馬場は年配のおじ様方や男性グループが多く、床には惨敗したチケットがアチコチに散らかっています。
そして、ため息やドヨ~ッと落ち込んでいるオーラーが全体に漂っていました。
家族連れやカップルもいましたが、少人数です。(年末のせいでしょうか?)

中山競馬場は観客席が少なく、地べたに座るか立ち見です。
地べたに座るのだけは流石に抵抗があり、椅子が空くまで立ち見です。
遅いランチも勿論立ち食いです。(立ちっぱなしは流石に疲れました)
上階は静かで空いており、やっと適当な席を見つける事が出来ました。
室内では有料指定席がありましたが、そこまでは・・・。
「差せ~!差せ~!」外でも内でも叫びはすさまじいです。
旦那さんは叫んでいませんでしたが、叫ぶ所を一度見てみたいものです??

後で知ったのが、上階は何とカードを見せないと入ってはいけないとか。
一度下の階に降り、再度戻ったら「カードがないと入れません」の札が・・・
あら~、知らずに堂々と入っていたのですね。

「ハァ~・・・結局駄目だったか~・・・」落ち込む旦那さん
「全部外れるより一回だけでも当たりが出たから良かったじゃないですか?」励ます私。
「ハァ~・・・この番号にしとけば良かったな・・・惜しかったな・・・」ドンヨリする旦那さん。
「まァ、まァ、そう簡単に当たらないって~!」ポンポン背中を叩き慰めているのかいないのか私。
「暫く競馬は止める!」とため息をつき、暗いオーラを出しながら帰宅をしたのでした。