Category Archives: 徒然日記

初デビューです!

初デビューです!

銀座に店舗を構える高級額縁店 『古径』 株)K・P・F(Kokey Picture Frames)の
新橋店ショーウィンドーです。
他の肖像画家さん達と一緒に私の作品を展示させて頂きました。

株)K・P・Fの企画は実際の作品をウィンドーに飾って客の注文を受けるというものです。
ショーウィンドー前は人通りが多く、見通しも素晴らしい場所なので、企画どおりにいったら嬉しいです。
K・P・FのI様の話では、最初はそう簡単に注文は入らないと厳しいお言葉を頂きました・・・
でも飾って頂けるだけで嬉しいものです!(それで満足してはいけませんが・・・)

雨がシトシト降っている中、母と一緒にデジカメを持参して観に行きました。
ショーウィンドーの中に飾られている自分の作品を観た時は感動しました!
「あった~!あった~!」
傍を通り過ぎる人達の『なんだ?』という白い目にもかかわらず、
母と一緒にはしゃいでいました。(迷惑な母娘)

今回の展示は我が家のパグ犬とM様ご依頼のシーズー犬の2点です。
額縁に収められると一段と絵が生きてきます。
「おぉ~、会いたかったよ」??
2匹のデビューにも感激?しました。

本当に嬉しかったです!
企画には多くの方々(父の友人のS様、M様、お店のI様、S様)のご援助を受けました。
そしてお父さん!
沢山の友人を持っていて感謝、感謝。
母も父の夜遊び?を少しは大目に見てくれるかも・・・(アハッ、ハッ・・・)
どうも有り難うございました!

そして未定なのですが、6月下旬頃に『人物とペットの肖像画展』を企画しているそうです。
I様から他の画家さん達と一緒に展示してみないかという嬉しいお誘いを頂きました。
是非、是非描かせて頂きます!

絵の世界ではまだまだ知らない事が沢山有ります。
I様に沢山の助言を頂きながら、少しづつ絵の世界に触れられたらと思います。

将来に向けてやる気マンマンでお店を後にしました。

「ねぇ、お腹空かない? なにか食べて帰らない?」と母・・・
あぁ、もぅ、と思いましたが、
今日は雨の中、母に付き合ってもらったから仕方ないか・・・
ヨッシャ!今日は私の奢りじゃ~
母は満足気に「今日は最高ね」
・・・だそうです。


今日は祖母がディーサービスの日。

今日は祖母がディーサービスの日。
お彼岸も近いので母と一緒に祖父のお墓参りへ。

祖父は甘い和菓子が大好きだったので、地元の駅で桜餅を買って行きました。
小平駅の改札口近くに文明堂が・・・(あら?こちらの方が美味しそう??)

駅から徒歩15分程の距離にある霊園で、桜並木の下を歩いていきます。
霊園というよりもお洒落な庭園という雰囲気です。
お供え用のお花、線香は勿論、雑巾・ブラシなどの道具?も用意されているので、
何も持たずに手ぶらで?お参りできます。

平日だったせいかお参りする方はチラホラ。
墓石を洗いながら亡くなった旦那さんに語りかけている女性、色々と話すことがあるのですね・・・
お墓の前でじっと立っている年配の男性、最愛の奥様を亡くされたのでしょうか・・・

祖父の墓参りを終えた所で、2階の休憩室でお茶をする事に。

「お飲み物は何になさいますか?」
コーヒーを二つオーダーをしました。
すると、母が思い立った様に、
「すみませ~ん!アメリカンにして頂けるかしら?」
店員さんはニコニコしながら、
「はい。」

休憩室の窓からでも霊園を見渡せるのです。
良く管理されている霊園で、いつも花が綺麗に咲き心が和みます。
今はパンジーが咲いていますが、バラの花の頃それは見事です。
祖父も花が好きだったのできっと喜んでいる事でしょう。
良い眺めです。

「コーヒー遅いわね~。」
厨房で豆を挽く音がしています。
暫くしてから
「大変お待たせしました。」

美味しい入れたてコーヒーを飲み終えて
「どうもご馳走様でした。」
母がレジで会計を済ませようとした所、
「今日はお彼岸でお飲み物はサービスなので・・・」
「え?」(母娘)
「あら~、そうなのですか?すみません。勝手なを注文をしてしまって・・・」
「オホホホホ・・・」と言いながらその場を去りました。
知らなかったです・・・ (恥ずかしい)

ロビーの外に出た時、偶然にも、祖父に似たお爺さんが遠くに立っていたのです。
帽子を被って、背筋をピンと伸ばしていて、杖をつき、お洒落なスーツ姿。
ドッキリとしました。
「お爺ちゃん!?」思わず声が出そうになりました。
本当にソックリだったものですから・・・
母も驚いたそうです。

ディーサービスから帰宅をした祖母にその事を話しました。
「きっとお爺ちゃんがお礼を言いに来てくれたのよ。」
いえいえ、その男性はちゃんと生きていましたから。お婆ちゃん。
本当は祖母も一緒にお参り出来たら祖父は喜ぶのですが・・・
何しろ行きたがらないです・・・

桜が満開になったら、また会いに行きます。お爺ちゃん。


~介護生活 パート6~

~介護生活 パート6~

今まで、祖母は週二回ディサービスとディケアに通っていましたが、
外出日以外はひたすら寝てばかり・・・ 
何しろ起きている事が嫌いな祖母なので、食事とトイレ以外はずっと爆睡中。
祖母から「眠れない」という言葉は聞いたことがありません。

昼間トイレに何度か声かけして起こしますが、
「お早うございます。今日は天気が悪いねェ?」
「お婆ちゃん?夕方だよ」
「あら~、嫌だわ~、間違えちゃったよ」
恥ずかしそうに手を横に振って笑う祖母、熟睡していたようです。
そして、日にち・曜日も怪しくなってきました・・・。

呆けてしまわないか心配で、ケアマネージャーさんに相談。
やはり寝てばかりの生活は問題あり・・・ 
体力、気力、そして食欲も落ちてくるそうです。(ですよねぇ)
昼間起きている時間を増やすようにと週三回デイサービスに通うことに決めました。

自宅から車で五分程の場所に、1階が病院、2、3階がディとショートステイの施設、
今年9月に新しくオープンしたばかりです。(知らなかった・・・)
乗車時間が短いので腰痛の祖母には楽そうです。
1階が病院なのでさらに安心です。

初日、朝9時半にお迎えの車が自宅前に到着。
「お婆ちゃん、楽しんで沢山話を聞かせてね?」
コックリ・・・。(例によってこの世の終わりの様な暗い表情です・・・)
しかし祖母が車椅子で車の中に入ると同時に、
「お早うございます!今日も元気に行きましょう!」
とても明るいお爺さんが、わざわざ後ろを降り返って祖母に声を掛けてくれたのです!
車が去った後、母娘でホッとしました。
何故って、あのお爺ちゃんが祖母の面倒を見てくれるのでは??

午後4時過ぎに帰宅。
何とニコニコ笑顔で、頬がピンク色に染まっていて可愛らしく帰宅。
「また会いましょう!さようなら!」(あのお爺ちゃんです)
「ただいま。楽しかったよ~!」(良かった~!)
「院長先生が、ほら、ディケアの副主任さんにソックリで優しかったのよぉ。」
どうやら祖母は院長先生が気に入った様で、若くてかっこいい方?だったらしいのです。
話に夢中で入浴をしなかったそうです・・・。
母が「チョット、チョット」と呆れていました・・・。
ずっとその先生の事を興奮気味に語ってくれました。
それで他にディーサービスを利用しているお爺さんやお婆さん方の雰囲気は?
「優しかったよ。殆どショートスティを利用している人ばっかりよ」って一言感想。
(アァ、そうですか・・・)

暫くして、様子を見に行くと、もうスー・・・スー・・・ 暴睡中。
夢で院長先生に会っているのかな?
イヤイヤ、祖母は夢も一切見ないそうですよ。

でも、まずは気に入ってくれて良かったです。