Category Archives: 徒然日記

大学時代の友人Yちゃんと一緒にニューハーフ・ショーを観に六本木へ。

大学時代の友人Yちゃんと一緒にニューハーフ・ショーを観に六本木へ。
そういうショーを一度だけ?是非行ってみたいと思っていたところです。

辺りが暗くなった夕暮れの中でボワワ~ンとおぼろげな光を放つ雰囲気のお店でした。(怪しげ??)
お店の中へ入った所で案内の女性が二人。
もしかしてニューハーフ!??(期待度アップ!)
しかしごく普通の女性でした。(期待度ダウン・・・)
ホストクラブの様に(まだ行った事はありませんが)壁に沢山の写真がババ~ッと飾られていました。
中には女装をしていない男性も??
おぉ~、何て綺麗な男性達なんだ~!(・・・微妙な表現です)
Yちゃんが予約をしていたので、ステージに近い観やすい席でした。(どうも有り難う!)

さぁ、いよいよショーのスタート!
踊っている人達は、とても綺麗な顔立ちをしていて、ウェストが細い・・・
腕も凄く細くスラ~ッとしていて、負けました!(男性だっつ~の!)
太股の筋肉具合を見てしまうとやはりね・・・(勝った~!・・・って違う)
胸がボイン!とありました。(ハアァ~・・・)
ニューハーフと体格を張り合う自分が何故か空しい・・・
(ショーの踊りはどうなのさぁ・・・)

終了後、予約客だけに一緒に記念写真や、
希望者だけダンサーとお話が出来るというサービスがありました。
「何を話すの?」
「この世界に入った理由とか?」
「・・・」
激怒されそうな質問になりそう・・・ で止めました。

お店を出た後に、まだ呑み足りなかったのでもう一軒梯子をしました。(暫くぶりに会ったのですから)
呑みながらニューハーフの体格?会話で多いに盛り上がりました。(Yちゃんも見ていたんだ)

帰りはギリギリ最終電車で戻りました。(セーフ!)

しかし今日は楽しかった。
たまには良いではありませんか?
(大きな声では言えませんが・・・)
Yちゃん、他にも違うショーがありましたら是非宜しくお願いします!


~介護生活パート3~

~介護生活パート3~

私達が介護生活に慣れ、気持ちに少しずつゆとりが取れて来た頃、
トイレと食事以外はずっと寝ている祖母・・・
それだけでは何の刺激も無く、呆けてしまうのではと心配でした。

そんな時に、ケアマネージャーさんからほんの少しだけでも良いので外界に触れて貰いましょうと、
ディーサービスを紹介して頂きました。
ケアマネージャーのMさんのお勧めの2箇所を紹介してもらい、母と見学してきました。
ポイントはゆったりと過ごせる所でお風呂が綺麗な所。
決めた介護施設は去年の10月にオープンをしたばかりで、広々としていてとても綺麗でした。

車椅子用のスロープをレンタルし、届いてから行って貰う事に。
果たして行ってくれるのかどうか・・・

ディーサービスの前日。
「お風呂が広くて綺麗だったよ!行ったらサッパリするよ」
「あら、そう?」
「疲れたらベッドで寝ていれば良いしね」
「あら~!ベッドがあるの~?」
お風呂よりベッドに目がキラキラ~ン・・・(とにかく寝る事が大好きな祖母)
昔から外出をする事が苦手な様で、今は起きる事すら嫌がります。(そんなに寝てどうするねん?)
とにかくお風呂に入ってサッパリして貰う事が目的!

いよいよ当日、ディーサービスの方に車で迎えに来て頂きました。
初めてだったので、ケアマネのMさんも心配をしてわざわざ様子を見に来てくれました。(本当に親切です)
皆で一緒に協力をし合いながら、スロープをよっこらしょ、カタカタ、バタン!

意外にも祖母が嫌がらずに行ってくれたのでホッとしました。(諦めたのでしょうか?)
Mさんも「嫌がれなくて良かったですね。」(ハイ、お陰様で・・・)

玄関のドアをバタンとするやいなや、腕まくり・・・
祖母のシーツやタオルケット、毛布等洗濯機の中に「えい!」とブチ込みました!
布団は「エッコラショ」と2階のベランダへ・・・
ドヨヨ~・・・ンと病人の様に淀んでいた部屋も、窓を全開にし、ファー!と爽やかムードに!
「ハァ~・・・」(しみじみ)

夕方、祖母がディサービスの方に車で送って貰って帰宅。
頬がピンク色に染まっていて可愛くなっていました。

祖母から色々と話を聞けて楽しかったです。
90代の話好きの御婆さんや右上半身の大手術をしたという御婆さん、
無口で大人しい御婆さん・・・(御爺さんの話は?)
久し振りに会話がアハハ!と弾みました。(やはりこうでなきゃね?)
ずっと家の中に居るだけでなく、色々な人と接する事だけでも楽しいものですよ。
ねぇ、おばあちゃん!
今は週に一回ですが、出来たら二回は行って欲しいかな・・・? (まだ内緒ですが・・・)

何はともあれ外の空気に触れてもらう事ができて大成功??


~介護生活パート2~

~介護生活パート2~

祖母が車椅子生活になってから一ヶ月・・・

やっと我が家も落ち着きを取り戻しつつあります。
思えば何が一番大変だったか、それはトイレ!(特に大の方です!)

突然、立ち上がる事が出来なくなり、祖母はずっとベッドの上で寝たまま。
したくてもなかなか出来ない・・・

大急ぎで近くのホームセンターでオムツを買ってきて、いざ・・・無理でした。
頭がシッカリしているぶん、オムツの中にするのは難しいのですね。

ではと、母が差し込み式の便座を薬局で買って来た。
これがまたまた難しい・・・
祖母は背中が丸く、仰向けは無理なのです。
「イタタタタ・・・ッ!」
腰を浮かして入れようとすると、体中がピリピリと筋肉痛の様になるらしいのです。
それでも強引に「我慢して! それ!」
祖母も母も真っ青・・・ 駄目でした・・・ 

母が「待ってて!」と叫び、あちこちに電話してポータブルトイレを購入。
事情を話したら業者の方が大急ぎで配達してくれました。
(大変親切な会社で、今もお世話になっています)

やっと用を足し終えたら、それはかなりの大物でした。(今まで我慢していた物が・・・!)
皆で顔を見合わせ「良かったね」と・・・ (ドタバタ糞戦記でした)
バケツに入っている便や小をトイレへ運んで行く・・・
最初は抵抗感がありましたが、もう慣れたので将来はO.K!(フゥーン・・・誰に対して?と母)

今は車椅子を押して、トイレで用を済ませる事が出来るようになりました。
手すりをトイレに取り付けたので、祖母はヒョイヒョイと素早く、腕力や握力が意外と強いのです!
(ただ左足の筋肉が衰えてしまっているのが心配・・・)

今回の事で感じた事は「入れるのは簡単、出すのは大変」と、
そういえば阪神大震災でも多くの人がトイレが大変だったとコメントしていましたね。
良い経験?になりました・・・