Category Archives: 徒然日記

日本画制作の為、母に協力して貰い、F50号・雲肌麻紙の水張り作業を行った。

日本画制作の為、母に協力して貰い、F50号・雲肌麻紙の水張り作業を行った。
紙が大きいので一人では中々難しい。
久し振りなので、再度『日本画の基礎ノート』を確認。(もしもーし、学校で何度もやったのでは?)
紙をパネルに張り付ける作業は、簡単のようで実は難しいのですよ。

F50号のパネルを、濡れた雑巾で均一に湿らせておく。
ドーサ引きをした紙(ツルツルを下(表)、ザラザラを上(裏))を広げて母と二手に分かれ、
真ん中から上下に端まで水を含んだ刷毛でサッサッと紙の上を手早く引いて行く。
均一に紙を濡らして水溜り?を作ってはいけないのです。
ゆっくり引いていては紙が乾燥し始め、凸凹になり空気が入りやすい。
紙全体に水分を含めたら、パネルを紙の上にバタンと倒し、
紙とパネルを一緒に端っこを持って、一、二の、三で表に引っくり返す。

素早く乾拭きの刷毛で、中央から端まで対角線上に、
二人で息を合わせ?優しく撫でるようにサッサッと全体の空気を外に追い出す。(ここが難しい。)
手でやると、その部分だけがパネルに強く張り付き、紙全体が凸凹状態に・・・(これで失敗した過去あり)
それでも、紙がボコボコになってしまったら、霧吹きで全体に軽く水分を与える。
最後に、端を画鋲で空気が入らないように仮止めをして、パネルを平らに乾かしておく。
紙全体が乾いたら、余った部分をカッターでカットし完了!

過去では、上手く水張りが出来ず紙が凸凹になったりで、それは苦労の連続・・・
水張りが凸凹になると描きづらく、それに折角の絵が・・・
母が協力してくれたお蔭で、綺麗に張れて今日は大成功!(パチパチパチ! 母よ、有り難う!)
よーし、制作頑張るぞ!エイエイオ~! 
(なーんて、今日の作業はこれでお終い、疲れた・・・)


日帰り観光ツアー『足利フラワーパーク・大藤と白藤の回廊』へ母と一緒に行った。

日帰り観光ツアー『足利フラワーパーク・大藤と白藤の回廊』へ母と一緒に行った。
晴天だったので、綺麗な藤が見られるのではないかとワクワク気分。
しかしゴールデンウィーク真っ最中、駐車場に着くまで道路は早くも車の行列・・・

鑑賞時間は1時間! 焦り気味に少々足早で・・・
まずはお目当ての白藤トンネルへ!
「うわぁ~!綺麗だねェ~!」白藤トンネルの中で大感動!
まだ満開ではないがシャンデリアのよう・・・ 
800畳・700畳敷きの紫の大藤は丁度見頃で素晴しい!!
うわぁ~、うわぁ~の連発・・・
藤を背景に母娘入れ替わりでパシャッと撮影(良い写真が撮れそう?)
口をへの字にしないように、面白い事を思い出しながら?笑顔でパシャッ!
絵の参考にもしたかったので、藤の花びら、太くて逞しい木等もバシャ・・・(細かいですね)
そして辺りは藤の香りでむせ返るよう・・・
花のミツは甘いのか、沢山の蜂がブ~ン・ブ~ン・・・(ちょっと蜂君!邪魔だって!)
藤の美しさに見とれていたら、時間があっという間に過ぎていった。(もう終わりか・・・)
パンフレットの写真のように、それは綺麗で観に来た甲斐があった。(お勧め度100!また来たい!)
藤等の植木やお香が売られていたが、タイムアップ!(残念!)

今朝、私は途中のドライブインで美味しいものをと朝食抜き(懲りていない私)
途中食事する時間など無くもう空腹・・・
しかしバスの中に入ると、座席の上にはお助け?ランチ用の折詰め弁当!
ウオ~!頂きます! パクパク・・・
隣に座った添乗員さんの眼がマル 「もう召上っているのですか?」って・・・
アハッハッ・・・

桐生の織物販売店で買い物(お菓子と大判ハンカチ?購入)

次は躑躅鑑賞の華蔵寺公園へ。
丁度フェステバル期間中とかで親子連れがワラワラ・・・
寺というので、シーンとして静かでゆっくりと躑躅を鑑賞出来ると思っていた母娘。
キャー、キャーとそれは賑やかで、公園の殆どが子供達の遊び場でそんなに観る所は・・・
イメージをしていたのと全く違い、地元の公園の様な雰囲気だった。
(『寺』の字に騙されてしまったい! 確かにお墓はあったが・・・)

次はみさと芝桜公園へ。
丘の所だけはまだ可愛らしく咲いていて、殆どは咲き終わっていた・・・(残念!)
濃いピンクから白・ピンクへと順番にグル~と輪の様に植えられていて、とても可愛かった。
この植え方は芝桜の特徴かも?
丘の上から見る景色も、田舎のような雰囲気で穏やかだった。(観光客も余りいないし・・・)
芝桜は絵の参考には少々難しい・・・(過去に失敗してしまった作品有り・・・)
出店でアイスを買って舐めながら早々とバスへ。

そして、いよいよラストの妙義山・さくらの里へ。
桜の花はもう散っているだろうと思っていたのに、
まだ八重桜が綺麗に咲いていたので、ビックリ!
桜と桜の間から見える妙義山の景色が良かった!(絵葉書の様だった。)
絵の参考にパシャパシャ撮影。
山を下って景色を眺めながら、途中でもパシャパシャ撮影・・・
「家族でドライブに来ても良いよね。」と母娘の勝手な会話
(お父さん、機会があったら是非・・・)

今回の日帰り観光ツアーも二重マル!
沢山の花の見所があったので大満足でした!
絵の参考写真があり過ぎるかも?(早く描かねば・・・)
帰りは横川で「峠の釜飯」を注文した。(1つは、ほんの気持ち?で父用に)
帰宅したら、丁度父が夕飯を食べ始める所だったので、早速釜飯を・・・
またまたパルの世話をして貰って、スミマセンでした・・・
(早く、絵を描け!)と父の心の声??


《 わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又です。

《 わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又です。
帝釈天で産湯を使い、姓は車、名は寅次郎
人呼んでフーテンの寅と発します 》 ♪♪~

家族で葛飾・柴又帝釈天と『寅さん記念館』へ(父が二回目の家族サービス!ワオ~!)
先日の空腹に懲りて、今回は家で軽く朝食を摂り8時に家を出発。
しかし予定よりもずっと早く、何と9時前に到着!(何という早さ!)

記念館は9時半からで「只今準備中」、その間、開館時間までフラフラと・・・

ある館内係員の方が上司らしき方から
「お客様の10人に9人は助けは必要ないんです。
あまりいき過ぎると、逆に煩がられ迷惑になりますので、親切はほどほどに」と
注意を受けていた・・・ (下町ですねぇ)

休憩所に『寅さん』のイラストがあり、ホノボノーとしていて可愛い『寅さん』です。
お土産屋の前には、可愛いイラストの寅さん人形が飾られていたので、一緒にツーショット。
しかし実物?はスーツの下にオヤッチャンの腹巻、足には雪駄・・・ (これぞ『寅さん』ですね)
『寅さん』用のバッグと帽子の彫刻も飾られていて、『寅さん』になり切ってパシャリ。
「この帽子は本物か?」とブロンズ?の帽子をナデナデする父
「作り物に決まっているじゃな~い?」と手を横にブンブン振る母
「本物みたいだよね~!」と芸術?に感心した私(・・・平和な家族であります)

また全作品の題名とマドンナ役・出演者名が展示され、
その映画で言った寅さんの迷?ゼリフが見出しのように書かれており、
失恋してもまたすぐに次へと・・・ 陽気なセリフが面白い(お勧めです!)
父と母は寅さんのセリフを読みながらゲラゲラ笑っていた。

開館時間になり、
入り口の頭上には『寅さん記念館』の『館』の字を貼り付けようとはしごに乗った寅さん像。
「寅さんは漢字が苦手で貼り付ける『館』の字の方向が分からなくて、
膝に鳥が止まっていても、雪駄をポトッと下に落としても気付かぬ程、
悪戦苦闘中の寅さん像なのですよ。」と係員の人が親切に説明・・・
(ほお~!下には雪駄が・・・ 成る程!)

中に入ると撮影現場の様子が映し出されているビデオが4箇所あり、
「フーン、こういう風にして撮影をするのか・・・」と興味津々
撮影で使われた《くるまや》の店のセットがそのまま展示され、
昔ながらの台所やちゃぶ台、冷蔵庫、TV、玩具等、
撮影現場さながら、そのまま使用された物を再現している。
母娘で冷蔵庫に視線が止まり、
「何か入っているのかなぁ~?」と中を見ようとしたけれども開かなかった・・・(残念!)
おいちゃんや櫻がいた居間、なんだかふらーっと寅さんが出てきそうです。
家族で『寅さん』一家になったつもりでパシャッ!(撮影できるので面白かった。)

遠近法を利用した帝釈天門前通りの町並みや人形があり、それも一緒にパシャッ!
よーく見てみると、家の中に小さなTVがキッチリと映っていたのでビックリ!(白黒でした)
『寅さん』の家の模型まであり、狭い長屋をイメージしていたけれど意外と大きい家だった・・・
そしてTVの画面にタッチをすると、映画の面白いワンシーンが観られる。(全部は無理だった)

そして係員のおじさん 「此処押して、ねっ、これ面白いから・・・」
「写真撮った?」「ホラ、これ」って・・・
先程の上司の注意は?? でも下町だから良いですよネェ・・・

壁一面に『寅さん』の昔の映画ポスターがビッシリと貼ってあり、
その数にビックリ!(ウオォ~!こんなに出演したんだ・・・ 全部で48話)
ポスターの前でやはりパシャッ!
『寅さん』グッズのお土産屋へ行き、父が寅さんの帽子を被り、
「どうだ? かっこいいだろう?」って・・・ (シ~ン)

その後、柴又帝釈天へ行ったが、観光客はチラホラ。
時間が早かった為、そんな混雑はしておらずにヨッシャ~!
参道で飼い主に抱かれているパグ犬を発見!
「ブへェッ!ブへェッ!ブヘェッ!」と疲れきった表情。オス顔だった・・・って、分かるんかい!
帝釈天通りで焼き団子を購入し家族でほおばった。(モチモチとしていて美味しかった!)
柴又駅まで歩いて行き、駅前で『寅さん』がお馴染みの鞄を持ち、今、駅に到着・・・
年配の方々が真剣に何枚も撮影をしていた傍らで、
母娘で「まだかな?まだかな?」とオーラーを送りジト~と見つめていた。(嫌な母娘だ・・・)
「どうぞどうぞ」とアタフタするお爺さん(急かせて御免なさい)
空腹になり、再び参道に戻り早い昼食タイム。
食事処『とらや』に入った。
父は冷やしタヌキ、私達は冷やし中華・・・ 味は・・・
お土産に名物の草団子や葛餅、佃煮を購入(大好きです)

江戸川の「矢切の渡し」までブラリとお散歩。
歌に唄われた割には何も無い・・・
芝生の公園のせいか犬連れが多く、そよ風が吹き気持ちよかった。
十分満足をして、1時頃に帰宅 (帰りの道路も空いていた)

お父さん、またもやお疲れ様でした。
そして母娘の為にどうも有り難うございました。
お父さん!GWの後半のご予定は?